iPadまるごと情報サイト TOP > まるごとiPad > アメリカにおけるiPadの歴史

アメリカにおけるiPadの歴史

"iPadの歴史を知らない人々にとっては、いきなりパッと現れて流行し始めた最新機器のようにも感じられると思いますが、その歴史は2002年からすでに始まっていたのです。 iPadは2002年に初期のプロトタイプの開発が行われ、完成して発表されるまでに、8年の歳月が流れました。 2010年にサンフランシスコで開かれた製品発表会で初めて発表され、アメリカ合衆国のオンラインショップ、販売店において予約が始まりました。そしてアメリカでWi-Fi(無線LAN)のみのタイプの販売が開始され、本格的にiPadの歴史が始まったのです。 アメリカのみの発売で、初日は30万台、またiPadアプリケーション100万本(ダウンロード)、電子書籍25万冊(ダウンロード)のセールスが記録され、なんと一週間も経たずして、1日3万台以上のペースで、累計45万台、iPadアプリケーション350万本、電子書籍60万冊の売上を達成しました。 機種本体は、アメリカ合衆国のオンラインショップ、販売店舗において、iPadアプリケーションはオンラインショップのアプリケーションダウンロードサービスにおいて、電子書籍は電子書籍オンラインショップにおいて、入手できました。"

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) iPadまるごと情報サイト All Rights Reserved.